スポンサーリンク

【悲報!】瀧本哲史(投資家・オトバンク)が死去!病気? 経歴/学歴/批判など紹介!

訃報

悲報です!

若手起業家をサポートするエンジェル投資家として活躍していた【瀧本哲史さん】が死去しました。

こんにちは!Buzz Watcher編集長の吉田です。

瀧本哲史さんは、有名な戦略コンサルティングファームの【マッキンゼー・アンド・カンパニー】出身。また、投資家として活動されていました。

ビジネス界では有名な人物で、著書も多数あり、雑誌やニュースなどで見たことがある多いのではと思います。

今回の悲報に対してはネット上でも話題となっています。ここではこのニュースを取り上げていきます。

死因は何?病気!瀧本哲史(投資家・オトバンク)が死去されました

今回のニュースについて、毎日新聞では以下のように報道しています。

投資家の滝本哲史さん死去 47歳 京大客員准教授 「僕は君たちに武器を配りたい」

投資家で京都大客員准教授の滝本哲史(たきもと・てつふみ)さんが10日、東京都内の病院で死去したことが16日分かった。47歳。葬儀・告別式は既に行った。喪主は妻茜(あかね)さん。

東京大卒。同大大学院助手を経て、マッキンゼー・アンド・カンパニーなどで勤務。創業間もない起業家らを支援する「エンゼル投資家」として知られた。

ビジネス書も積極的に執筆し、ベストセラーになった。主な著書に「僕は君たちに武器を配りたい」「武器としての決断思考」「ミライの授業」など。

毎日新聞の報道によりますと、死因の原因については報道がありませんでした。

東京都内の病院で亡くなったということから、病気によるものだと推測されますが詳しいことは不明です。

ここ数年や最近の情報を調べてみても、病気などの話題がありませんでしたので、今回突然の訃報となりました。

但し、最近激やせしたいたとうわさになっています。最近の滝本哲史さんの画像はこちら

しかし詳しいことはわかっていません!

滝本哲史さんの経歴・学歴そして批判など

瀧本哲史氏は、エンジェル投資家、作家、京都大学客員准教授、オトバンク取締役、そして経営コンサルタントです。すごい肩書です!

今までは年齢が非公開でしたが、今回の訃報を受けて現在47歳であることが判明しました!

学歴は、、絵にかいたようなエリートコースの都内屈指の進学校の麻布高等学校、そして東大法学部に進学。

そのままストレートで東大の法学政治研究科に助手として採用され、その後にマッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。

独立後は、マッキンゼーでのコンサル思考などを提供したり、ベンチャー企業、若手起業家をサポートする【エンジェル投資家】として活動されていました。

 

瀧本哲史の訃報に対するネットの反応!

今回の訃報で、人々はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などの情報を紹介します。

ちょっと信じられないな…。先週まで普通にツイートしてたのに…。

瀧本先生には授業にも呼んで頂き、また、あるテーマの政策提言を一緒にやろう、と誘って頂いたりもしていました。

本当に、類まれな知性とそして情熱の、結晶のような方でした。

心からご冥福をお祈りいたします。

いまNHKのニュースで観てびっくりした…ニュースウェブなつかしみ

死因不明。47歳じゃまだ若いなぁ…まだ何かを出来る年齢…若手投資家として出版著書含め活躍。投資の敷居の高さを払拭した方だと思う。本当惜しまれる…

瀧本哲史さんの死去ショック過ぎる。合掌

瀧本哲史氏死去の未確認情報に接するが信じたくない。 氏の本からは、コモディティ化が進展する中のキャリア構築の作り方やエビデンスベースの政策立案の重要性を学んだ。東大教授の目もある学士助手出身者でありながら、アカデミズムの栄達を捨てて、世に自らの考えを示した広い意味の教育者だった

ご冥福をお祈り申し上げます!

タイトルとURLをコピーしました